<   2005年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

げんしけん

第6巻、発売されていたそうです。
しかも特装版…

付属の同人誌、ちょっとほしくなってるよー
久米田の御大(?)が寄稿してるよー
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-25 12:37 | その他

やきにきゅ!

ほいほい!

久々の上村愛子さんのとこからのトラバです。
やきにきゅ、ってことで、”やきにきゅ”好きとしてはこれははずせない、と。

まぁその前にトレーニングでWJ(Water Jump)やってコーク900って…回りすぎ(^^;
回りすぎてバランス崩さないようにねー、って多分大丈夫だと思うけど。
で、もうすぐカナダで合宿ですか、トリノに向けて(というか次シーズンに向けて)の準備、着々と進んでいるみたいですね!
がんばってください~

と、やきにきゅに戻って。
やはり、やきにきゅといえばホルモン系でしょう!好き嫌い分かれるけど。ついでに狂牛病で危険部位にされかかったりしてるけど。
あのなんともいえないところが、大好きなんです。
もちろん、タンやカルビ、ロース、ハラミ、といった赤身もすきなんですが。

で、おいらも今週金曜日はやきにきゅだよっ、と。

あぁ、ブログというより普通の日記だね、これば。
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-22 23:34 | 上村愛子

F1GP アメリカ

北米ラウンド第2戦。
TV経由の情報でしかないですが、なんやら大変なことになっているようです。

というのも、ミシュランの10周以上走ったタイヤでオーバル部分を走ると大変なことになるとか。
で、ミシュラン側がFIAに対して全ミシュランユーザに対して対策を施したタイヤに交換させてほしい、と申し出たもののFIAは拒否したらしいです。
で、それを回避するためにオーバル部分にシケインを設定してほしい、と申し出たもののそれも却下。

…安全よりも興行が大事なのか、FIA。
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-20 03:00 | スポーツ

今日はルマンも

今日はフランスでルマンも行われてました。

われらが(?)TVRは今年は1台だけのエントリー。
去年は完走したんだけど…
今年は、9時間目前、19日0:52にグラベルにつかまってリタイアしちゃいました。

結果(英語)

サッカーが終わったら、今度はF1です。

…明日の仕事は大丈夫か?
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-20 02:48 | スポーツ

コンフェデ杯対ギリシャ戦

ヤナギは相変わらず…ゴールマウスにボールが飛ばない。
前回のメキシコ戦にくらべて、動きがよく、統率がとれている。

後半32分。
大黒、ゴール!世界戦初得点!
次世界(ヨーロッパのどこかのリーグ)に出るのは、こいつかな?

直後に田中の不用意なプレイがあったが…
あと10分ちょっと。なんとかがんばってくれ…

ゴールへの意識を切らすな!

<<追記>>

勝ちました!
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-20 02:35 | スポーツ

コンフェデ杯 対メキシコ戦

Excite エキサイト : スポーツニュースより『中田 足りないものは「すべてだ」』

東京出張準備しながら、自宅で見てました。前半だけ。
後半は準備終わってたんで寝てしまいましたが。

確かに、前半の前半はとても動きがよかった、と思ったのですが…
前半の半ばから、だんだん動きが悪くなってきてましたね。

前日、U20のグループリーグの試合(対ベナン)も見ていたのですが。
さすがにコンフェデはフル代表だけあって動きも、違うとみていたのですが…
個人レベルの差(能力+頭の力)はまだまだ、といったところでしょうか。

ちなみに、引き分けたU20のベナン戦。
ベナンの選手、すごいねー。高さもスピードも桁違い。U20の日本代表がとてもひ弱に見えてしまいました。

…まとまらん(汗
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-18 15:00 | スポーツ

水曜どうでしょう

d0004631_22502269.jpg

にょ~いづみくんとミスター(パリではムッシュ)が繰り広げる、北海道発いまや知名度全国区となった、水曜どうでしょう。その代表的シリーズであるサイコロの旅。
おいらはそのエピソードのごとく深夜長距離バスを常用しているわけですが。というか、いまも夜行バスの中だし。ちなみにいまは六本木を通過中。
今日待っていたバスの次の便が青森行きでした。おいらのサイコロはいつそんな便がくるか、ビクビクしてます(嘘)
まぁ、そんな便には乗ることないとおもいますが…
一度はみてみたい伝説の「はかた号」ヤツに会うのはいつの日でしょうか。
って、この記事書きおわったらちょうど渋谷でした。
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-17 22:50

それはどうだろう?

電卓の欠陥を小学生が発見、16万個をリコール」(CNN.co.jp)より

どんな欠陥なんだろう?と記事を読んでみると、小数ー分数の変換が出来てしまうらしい。
しかも、ボタン2つを同時押し、ってそりゃテスト担当者もそんな想定、あんまりしないだろうさ。
なんか懐かしの、ファミコン時代の「ウラ技」とか「ウル技(テク、と読む)」に匹敵するものがあると思う。やっぱり、そういうのも発見するのは小学生が大半(現20代後半~30代、が中心世代)だったわけで。

ただ、向こうではその辺りの計算は電卓でやるようになっているのか?たしかにあるものつかってやるというのは合理的判断で問題ないとは思うけど。日本じゃ、そろばんの授業もあったわけで。(今もあるかはしらないけど)ただ、少しくらいの計算なら暗算や、丸めた数字にしての概算の暗算くらいしようよ、とは思うんだけど。

それなのに、『小学生らは、少数─分数の計算を自分の力で処理するよう求められているため、』とあるということは、どの辺りに線引きがあるんだろうか?そのために『バージニア州の教育当局は2年前、TIに対して、少数─分数の変換機能を無効にした電卓を発注していたという。』って、オリジナルのカスタマイズ電卓を発注してしまうくらいなのね。

って、アメリカではその計算を機能として電卓につけなきゃならないんくらい、アレなんだろうか?それくらい、自分の頭でしようよー、と思うのは自分だけでしょうか。
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-10 10:54 | ニュースから

最古のアメリカに名のついた地図:1億円

世界初の《アメリカ》地図が1億円で落札 | Excite エキサイト

最初、500年前を500万年前、と読んでました。

1492年、コロンブス新大陸発見(最初は西インド諸島/逆ルートのインド航路を探していたため)。
その後(前だっけ?)アメリゴ・ヴェスブッチが大西洋の向こうにある大陸のことを記述。

その結果、新大陸はアメリカと呼ばれるようになった、とさ(はしょりすぎ)

ただ、北欧のバイキングの氏族は既に知っていた、とか中国では船団を率いた鄭和が発見していた、とか言われていますが、一応歴史上に明確に表に出てきているのはこの1492年。

それから15年後に発表された地図が1億円で落札されたとのこと。

「これは4枚残っているうちの1枚で、この話を新聞で読んだあるヨーロッパ在住の男性が古地図のコレクションを探している時に見つけた。」

ということだから、なんかギャラリーフェイクにでも出てきそうな話。
まぁ実際に古地図の話はエピソードの中にあった(12巻「地図は導く」/TV版では18話)し。

でも、一度写真でいいからその地図は見てみたいな。
南北アメリカが描かれ、太平洋もある。では、カリフォルニア半島はどうなんだろう?17~18世紀にはいろいろあって、巨大な島として描かれていたけれど、それ以前はちゃんと半島だったとか。でも、一番最初は?と思ってみたり。
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-09 14:20 | ニュースから

W杯予選通過!

Excite エキサイト : スポーツニュースより「日本、W杯出場決定第1号 2-0で北朝鮮降す」

ついに決めましたねぇ。おまけに、一番乗りというカンバンつきで。
今回は(まぁ今回に限らずですが))仕事中だったので実は2chの実況とYahooのリアルタイム更新動かしながらのチェックでした。
TV中継は(自身の直前の記事にも書いていますが)いろいろあったみたいだけれど、どうだったのでしょう?なんやら途中で映像が止まったみたいなところが何度かあったようですが。

前半は、どうにももどかしい展開だったみたいだけれど、後半28分?に”あの”ヤナギが決めて、最後に44分に大黒が決めて。2-0と、地力の差が出た、と思います。

何だかんだといって、一応選手層厚いはずですし、中村、中田、サントスと抜けてもフォローできるチームであるというのは今後にも期待したいです。ただ、世界の一線級のチームと戦ったときには今回のチームはどこまで持ちこたえられるか(というか、どこまで攻めることができるか)というところが残ると思いますが、守備面ではあまり心配してないので。

ただ、記事のコメントとして気になって、たしかにそう思ったのはこの一節。
『ジーコ・ジャパンは決して勢いを感じるチームではない。どの相手ともがっぷり組む。大人びた戦いだが、勝負はどっちに転がるか分からない。日本のスピード、中盤の力を生かした、すっきりした勝ち方が少ないのだ。思い浮かぶのは、先日のバーレーン戦ぐらいか。ようやく取り戻したものをわずか数日で失ったのはさびしい。日本の強さをきっちり示して勝ってほしかったと願うのは、出場権を得たからこそ言えるぜいたくだろうか。』

攻めの主要選手が抜けた今回と、鍵になる選手が戦術の柱となったバーレーン戦。
このギャップが上記のコメントに表されているのだと思う。

まぁ、なにはともあれ、今日のところは日本代表およびそのサポート(サポーターではなく)の皆様、お疲れ様でした!からだを休めて、英気を養って、そして本番に向けてまた気合を入れてがんばって下さい!

あと、小野選手、中村選手、傷んでいるところしっかり直してくださいねー(^^)/

でも、じつはすぐコンフェデだったり(^^;

まぁ、ほとんど皆さんが大騒ぎしている中で目を引いたのがzirconienさんのブログ「風信子石」の記事「W杯決めた!でも冷静な選手たち<サッカー日本チーム>」
今のチームの、意識レベルに目を向けて実感している感じがして、非常に読んでて心地いい記事だと思ったのでTB。
[PR]

  by takeda-cchi | 2005-06-08 23:15 | スポーツ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE